多羅葉(多羅葉樹)

この樹は、大正(1912~1925)年間、当時植物研究家として、又、千葉県立成東中学校校長として、名高かった中山音弥氏が県の委嘱を受け、県内の大木・名木を調査した折、発見したものである。
牧野植物図鑑によれば、「原産はインド。日本では近畿四国、九州の暖地に自生・栽培、喬木常緑樹、葉は楕円形、表面硬く、傷をつけると深く傷跡が残るので、文字や写経の材料となる・・・」
と書かれている。又、日本では葉書の語源であると言われ、インドでは古来、麻疹を除く霊木と崇められたと伝えられている。
多羅葉が最福寺に植えられたのは、天明四年(一七八四)年、最福寺第二十二世日治上人が本山妙満寺から入山の際、多羅葉の苗木を駕籠の先に下げて持ち帰り、奧庭に移植し爾来二百年余。
その間管理よろしきを得、多羅葉の北限と云われる東金の地において、現在は目通り・周囲訳二.三メートル、樹高約二十メートルの大木となっている。

客殿脇枝垂桜
客殿脇枝垂桜        江戸時代の絵図面にもその姿が見える
樹齢数百年の大杉
樹齢数百年の大杉
身延山より移植した枝垂桜
身延山より移植した   枝垂桜



京都御所より東京皇居に移された橘を旧近衛師団兵であった 押堀の塚田恭治殿が 特別に株分され当山に 移植した 橘

1本の桃木の枝 に紅白の花 が咲いています
1本の桃木の枝 に紅白の花 が咲いています